Entries

Top Page > スポンサー広告 > ライトノベル探訪Top Page > ニャンとワンだふる > ライトノベル探訪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングに参加中。応援してくれたらうれしいです。
にほんブログ村 遊び心 |  FC2 Blog Ranking ( その他 )

コメント

[C215] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ライトノベル探訪

neko
 前から気になっていたのだが・・・



inu
 ナニがですか?



neko
 ライトノベルという小説のジャンルについて



inu
 最近、なんだか勢いがありますよね



neko
 おもに若者向けに書かれた小説というジャンル区分らしい



inu
 表紙などがアニメ絵なのが印象的です。



neko
 内容も文字がびっしり、というページ構成ではなくて
 かな~りスカスカらしい



inu
 スカスカとは印象が悪いです。
 あれは 「 読みやすさ 」 を追求した結果です。



neko
 たしかに手軽に気軽に気負わず読めるボリュームではある



inu
 ええ



neko
 それにメディアミックスの展開が凄い点も注目かな



inu
 アニメに漫画に映画に実写化やゲームなど多彩な
 展開をみせてますよね



neko
 今ではテレビで見るアニメやドラマの原作ストックとしては
 欠かせない存在にまで成長している分野でもある



inu
 不況を嘆く出版業界にあって、確実に一翼を担っている存在



neko
 正直なところ、私はこの手の本を読んだことがない



inu
 まぁ、若者向けですから



neko
 失敬な!といいたいところだが
 確かにあの手の表紙の本を持ってレジに行くことに
 抵抗を感じるお年頃


inu
 それを人は年をとったと云うのですよ



neko
 ぐぬぬぬっ。くやしいが反論できない。



inu
 そんなライトノベルがどうしたのですか?



neko
 改めて考えさせられたのだよ。ライトノベルと自分について



inu
 ??? 意味不明です。



neko
 かつて漫画が世に出始めた頃
 コレは社会にとって害悪であり、子供たちのためにならないと
 PTAなどから迫害された時期があった。


inu
 ええ。かの漫画の神様ですらが、ヤリ玉に揚げられていたとか



neko
 だがそんな受難の時代を乗り越えて
 今や漫画は日本を代表するカルチャーにまで成長している



inu
 でカルチャー!!



neko
 その時代の大人たちは、漫画なんて子供の読むものだと
 蔑んでいた



inu
 それが今では大人から子供まで愉しめる
 大衆文化になっています



neko
 あの当時、誰が想像しただろうか?
 サラリーマンが通勤電車で漫画の雑誌を
 読んでいる光景を


inu
 たしかに・・・



neko
 でもね。それと同じ過ちをライトノベルに対して
 犯そうとしていたのではないか?ということに
 私は気づいたのだよ


inu
 つまりかつての大人たちが漫画に抱いていた偏見のような
 モノを猫さんもライトノベルに対して抱いていたと?



neko
 うむ。その表紙のライト感ゆえに
 出来損ないの小説、稚拙な小説と
 心のどこかで軽んじていたのかもしれん


inu
 そこまで卑下しますか



neko
 どうやら年齢とともに私の灰色の脳細胞は凝り固まり
 偏見という名の独裁者に支配されて
 視野は毛穴のように、萎んでいたようだ


inu
 猫さんの毛穴ならば、それなりに絶賛拡張中



neko
 黙らっしゃい!!



inu
 それでどうなさるおつもりで?



neko
 これからは喰わず嫌いはやめて
 ライトノベルにもチャレンジしようかと



inu
 今度は古典からライトノベルですか・・・



neko
 最古の文学から最新の文学へ



inu
 ふり幅が半端ねぇ



neko
 いざ未知への領域へ!と意気込んで本屋さんの
 棚を覗いたのだが・・・



inu
 どうかされましたか?



neko
 ズラリと並ぶライトノベルの本の数々に圧倒されて
 どれを選んで良いものやら大混乱



inu
 ファーストコンタクトは大切ですから
 これをミスると後々に響きますよ



neko
 しかもやたらとシリーズ化されて巻数を重ねる作品ばかり



inu
 なんでもライトノベルの世界では、人気が出るほどに
 作品を引き伸ばす傾向にあるとか



neko
 まるで週刊少年ジャン○の掲載作品みたいだな



inu
 ゆえに単巻で完結している作品のほうが
 稀らしいですよ



neko
 なんともいきなりハードな壁が立ちふさがったものだな
 さすがにラノベ初心者に二桁巻数とかの長編は
 荷が重過ぎる


inu
 冒険するにも、お財布に厳しすぎます。



neko
 そんな訳で、誰か巻数がお手頃で
 面白い初心者向けのライトノベルを紹介して下さい



inu
 ・・・ 結局は他力本願なのですね



neko
 何事も蛇の道はヘビと言うではないか
 詳しい先人に教えを請うのが
 もっともエコで賢い生き方なのだよ


inu
 モノは云い様ですね




関連記事
ランキングに参加中。応援してくれたらうれしいです。
にほんブログ村 遊び心 |  FC2 Blog Ranking ( その他 )

コメント

[C215] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。